整体に通いながら健康管理

目の体操で眼精疲労を予防

眼精疲労について

普段、仕事やプライベートなどで、パソコンを使う事が多い方や、テレビや映画、携帯をよくいじる方は、それだけ眼精疲労になりやすいです。眼精疲労になると、目が凝ってきます。目周りにも筋肉が通っていますので、目に疲れがたまってくると、それだけ目の神経も衰え、筋肉も凝っていってしまうのです。このような状態をそのままにしておくと、それだけ疲れはどんどん蓄積されてしまいます。これは目にとってはよくないので、目を酷使したなぁと実感する時などは、目の疲労を和らげていかなければなりません。

 

目の体操をしていこう

目の体操をしていく事も、眼精疲労緩和に役立ちます。目の簡単な体操は、その場でできてしまいますので、気が付いた時に、ご自宅などでいつでもやっていく事ができます。眼球を上下左右に動かす事です。これだけでも、目の筋肉をほぐす事につながり、非常にいい運動になるのです。眼精疲労は、目の体操をしていく事で、非常に和らいでいきます。

 

目を休ませる事も重要です

目を使っている時などは、ずっと使い続けるのではなく、少し目をつむって休んだり、濡れたタオルを目の上に起き、冷やす事で疲労を改善させたり、作業をやめて、窓の外など、遠くを見るという事をしてみるといいでしょう。目にもこまめ休養が必要です。睡眠を十分にとるという事も、目にとっての休養になるのです。睡眠不足の方も、眼精疲労がたまる原因となります。